酸素カプセルサロン

よくある質問

  • よくあるご質問

Q酸素を意図的に取り込む目的はなんですか?

人間の体は60兆個もの細胞の組み合わせでできています。健康な体=細胞が健康ということです。そして、その細胞が活動するエネルギーを得るために必要不可欠なのが栄養と酸素です。酸素がしっかり取り込まれれば、細胞は効率よくエネルギーを産生でき、新陳代謝も活発に行われ、健康に機能できます。逆に酸素不足の状態では細胞の機能が損なわれ、体の不調や病気を引き起こしやすくなります。現代のライフスタイルや環境汚染の影響で、多くの人が慢性的に酸素不足であると言われます。しつこい疲労や自律神経の乱れ、生活習慣病、成人病などの病気を防ぐために、酸素の重要性が以前にも増して注目されています。

Q酸素カプセルはなぜ効果的なのですか?

酸素は体内を「結合型酸素」と「溶解型酸素」という2種類の型で巡っています。通常の生活(1気圧)の中で取り込む酸素は「結合型酸素」。赤血球(ヘモグロビン)とくっついて血液により運搬されます。この形ではヘモグロビンの量以上に酸素が運ばれず、さらにヘモグロビン(径約7ミクロン)が毛細血管(径約5ミクロン)よりも大きいので入り込めません。酸素カプセルの特徴はカプセル内を1.3気圧(水深3メートルの気圧)まで高気圧化することにあります。気圧に比例して体液に溶け込む「溶解型酸素」が増えるという「ヘンリーの法則」に従って、通常の1.3倍の高気圧環境を作り出す酸素カプセルに入ることで毛細血管のかたまりのような脳や眼、内臓器官、皮膚など酸素不足に陥りやすい組織へも酸素を直接届けることができるのです。酸素カプセルを継続して利用することで溶解型酸素を取り込め、慢性的な酸欠状態を改善できます。

Q酸素バーとの違いは何ですか?

酸素カプセルは気圧を上げることで血中に直接溶け込む溶解型酸素を増やします。一方酸素バーなどで鼻から濃度の高い酸素を吸っても、この通常の1気圧下では「結合型酸素」として取り込まれます。「溶解型酸素」を増やすには高気圧状態を作り出す必要があります。

Q酸素カプセルに入りすぎると活性酸素は増えませんか?

酸素には普通の酸素と活性酸素があります。活性酸素は身体にとって無くなってはいけない物質ですが、増え過ぎると細胞を破壊する人体に有害な物質になってしまいます。その活性酸素が増えすぎてしまう要因に酸素が不足してしまった場合、高濃度酸素を取りすぎてしまった場合があると言われています。酸素濃度が40%を超えるとなんらかのマイナス要因が発生してしまうと言われていますが、 酸素カプセルは30%前後の酸素濃度なので活性酸素の発生を心配する必要はありません。逆に不規則不摂生をしている方などは活性酸素の数値が安定してきたというデータも出ています。

Q酸素カプセルの安全性に心配はないですか?

高気圧酸素カプセル「オアシスO2」、「ドリームプラス」は大気中の自然な空気のみを使用し、高濃度酸素は一切使用しないため、引火などの危険性は全くなく安全です。緊急時には利用者自身が中から気圧を下げ、外に出られる仕組みになっていますので安心してご利用いただけます。 《当店設置の「オアシスO2」と「ドリームプラス」の安全性》「オアシスO2」は世界でもっとも厳しい審査基準をもつといわれるFDA(米国食品医薬品局)で設定気圧の倍の耐久テストおよび1万回の圧縮テストにパスし、医療器認可(クラスⅡ)を受けています。「ドリームプラス」を製造している川崎エンジニアリングは高気圧酸素治療装置で平成2年に日本医科器械学会の技術賞を受賞しています。当店に設置している酸素カプセルは安全面で保障済みのカプセルです。た場合があると言われています。酸素濃度が40%を超えるとなんらかのマイナス要因が発生してしまうと言われていますが、 酸素カプセルは30%前後の酸素濃度なので活性酸素の発生を心配する必要はありません。逆に不規則不摂生をしている方などは活性酸素の数値が安定してきたというデータも出ています。

Q耳抜きできないと利用できないんですか?

酸素カプセルの利用時には気圧が高まって、飛行機を利用した時のように鼓膜が圧迫されます。通常は耳抜きをしたり、唾を飲んだりすれば解消されます。しかしごくまれに耳抜きが出来ない方もいます。この場合、気圧を一度下げることにより解消されますので、ご安心してご利用ください。 

HOME
HOME
HOME